切削工具-Cutting tools-

ガンドリル(汎用機用ベンテック/専用機用)

ガンドリル(汎用機用ベンテック/専用機用)

ガンドリルとベンテックドリル

  • 直進線が高い
  • ノンステップ加工
  • バニッシング効果で面粗度が非常に良い

ハモンド社の深穴加工用ドリルは2タイプ

  • 専用機で高圧クーラントでご使用の場合は、ガンドリルをご選定ください。
    剛性が高く、効率のいい加工ができます。
  • 汎用機で低圧クーラント(0.5MPa程度)で加工される場合は、ベンテックドリルをご選定ください。
    専用機が無くても、ガンドリルと同じような深穴加工ができます。
    ※ベンテックドリルは、汎用旋盤、マシニングセンタ、横中加工機等で使用できるよう、ハモンド社(英国)によって開発された、深穴加工専用ドリルです。
ガンドリル
ベンテックドリル

ガンドリル 刃先断面図
ベンテックドリル 刃先断面図

【ご注文方法】

ガンドリル

  • Φ3.00~31.99まで製作可能です(受注生産品)
  • 径X全長にてご指定ください
  • ドライバーと刃先形状をご選定ください

ベンテックドリル

  • Φ4.9~35まで製作可能です(一部在庫あり)
  • 径X溝長(刃長)にてご指定ください
  • ワーク回転用/工具回転ホルダー、簡易給油機などございます

ベンテックドリルとは

ベンテックドリルは、低圧クーラントでも使用可能なガンドリルです。

  • 専用のガンドリルマシンを使用することなく、汎用旋盤、マシニングセンタ、横中ぐり盤等に使用できます。
  • クーラントスルー、もしくは専用ポンプを使用し、工具先端から水溶性切削油を出して使用します。
HAMMOND

ハモンド社 ベンテックドリル加工動画加工開始は6分30秒位からです。

ハモンド社のドリル製造工程について

木工深加工

【加工範囲】

  • 加工径:最小Φ4.9~最大Φ35
  • 最大加工深さ:直径×30(倍)
  • 30倍を超す深穴に対しては、一旦30倍まで穴あけを行い、次に0.01~0.02mm小さいベンテックドリルで加工すれば、径の70倍まで加工が可能です。(下図参照)

切れ刃の角度

L/D=30~70の深穴加工をする場合、2本のドリルが必要になります。

【使用方法】

  1. ベンテックドリルを使用する際には、必ずワークにガイド穴をあけるか、ガイドプッシュをワーク面に密着させて加工してください。
    注1)ガイド穴の深さ、又はガイド・ブッシュの長さは、径の2倍以上が必要です。
    注2)ガイド穴公差は、必ずH9以上にして下さい。
  2. 回転を止めた状態で、ドリルを下穴に差し込んでください。。
  3. 切削油を出して、切削を開始してください。
  4. 常にスムーズに切粉が排出されるか確認してください。
  5. 切削が終わりましたら、回転を止めてからドリルを抜いてください。